メリットとデメリット

新築一戸建てを購入するメリットは、お隣りや上下階の住民に気を遣わなくて済むこと、

駐車場代が要らない、土地を所有できる、共益費などの管理費がかからない、改築が自由にできること、

また、増築できる範囲に限られますが、手狭になった際、持ち主の希望により自由に増築できることなどが挙げられます。

安普請のマンションになると、壁が薄い場合があり、上下、隣室の住民の生活音が聞こえ、

その音がストレスとなって、日常生活に支障を来すことも少なくありません。

また、お子さまが大きくなるにつれて、子供部屋が必要になった際も、

一戸建てなら、お子さまの成長に合わせて部屋を用意することも、改築、増築することも可能になってくるのです。

ですが、反対に、デメリットもあります。

掃除好きな方であれば、そう大きな問題にはなりませんが、庭があれば、それ相応の手入れが必要になってきます。

また、マンションに比べ、部屋数の多く広くなった分だけ、光熱費が高くなります。

それから、マンションの防犯対策は玄関とベランダがメインでしたが、

一戸建ては玄関、ベランダに加え、部屋数の分だけの窓に対して、防犯対策を行わなければならないのです。

小さいお子さまが居り、旦那様の帰りが遅くなる可能性が高いご家庭は、特に防犯を強化する必要がありますので、

新築一戸建てを購入する際は、セキュリティ面を重視した、防犯住宅なる名称で売られている一戸建て物件を選ぶことをおすすめします。

参考ページ ≫ [家づくり時に知っておきたい防犯知識-外まわり

Comments are closed.